北朝鮮を見て懐かしい気持ちに

日本の植民地時代に作られたレールが未だに使われていたりもするという北朝鮮。

車を所有している人がほぼいないような人民にとって、

遠距離での移動手段は列車は欠かせない。

すれ違う列車は混雑しているようでした。

作業員の姿はちらほら見ることができ、

見ている感じではかなり老朽化しているようにも感じました。

自然が広がる草原に道は多くもなく、

鉄道のレール脇は道としての役割をしているかのうように、

歩いている人を多数みかけました。

懐かしさも感じる様なその景色。

このような風景も何年後かも見られなくなるかもしれません。

2500万人はいると言われている人口。

人と人が助け合い生活している雰囲気がして、

見ていて温かい気持ちになりました。

日も暮れてくる時間になり、

いよいよ平壌に到着です。

移動の様子をYouTubeでまとめましたのでよかったら見てみて下さい。

車窓からの写真をYouTubeでまとめました。

見てみて下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事