北朝鮮の入国審査はどうなっているか

北朝鮮に入国して列車はスピードを下げ駅でストップ。

そこで入国を管理するようでした。

列車内に軍人さん方が入ってきてパスポート回収。

お前は日本人か?

はいそうです。
タバコをくれ

吸わないんです。

そう言うと不機嫌そうな顔で去って行きました。

その顔はちょっと怖かったです。

手慣れてそうで、

日本人から色々もらったりしていたかもしれません。

少し車内で待機した後、

乗車している人全員、

 荷物をまとめて出るようにと列車を降ろされます。

降りるとグループごとにまとめさせられて質問が始まりました。

カメラ持っている人?

パソコン持っている人?

携帯持ってる人?

タブレット持っている人?

などなど。

個数を把握して記入しているようでした。

没収されたりするのでは??

と心配になったりもしました。

なので言わないでこっそり持っていた方がよいのでは?とか色々考えてしまいました。

事前に言われていたり、

調べてみて自分がひっかかりそうな持ち込みNGなモノは、

150ミリ以上のカメラレンズ

猥褻なもの 笑 ←ウソです。

バレないんじゃないかなと望遠レンズも持ち込みたかったのですが、

没収されても嫌ですし、

それで入国拒否になっても意味がないし、

持ってくる事自体やめておりました。

GPSつきのものはダメとも書いてありましたが、 携帯は特に言われず持ち込み問題ないようでした。

昔は携帯もその場で没収され預けに荷物になって帰国時に返されるという事もあったようです。

全ての荷物を持ち建物内のセキリュティのゲートへ。

荷物チェックを受けている人はいましたが、

自分は割とあっさり通過。

中の軍人さんは想像以上に優しい雰囲気の人で、

北朝鮮の軍人さんは怖いのではというイメージがその時少し変わりました。

厳しいと思っていた入国は割とあっさりと終わり再び車内へ。

イスラエルに行った時は、

カバンの中身をすみずみ、

財布の中身まで調べられたので、

それを考えたら北朝鮮の入国のチェックは拍子抜けでした。

けっこう緊張してこの時を迎えたので一安心。

列車に戻り出発を待ちます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事