反乱のシンボル「スカルタワー」

頭蓋骨の塔 スカルタワー

セルビア南部では最大の都市でもあるニシュという町には、

スカルタワーという頭蓋骨の塔があります。

チケットオフィスでお金を払った後、

受付のおばさんが案内とをしてくれ、

ちょっとした歴史の説明をしてくれながら、

エントランスの鍵を開けてくれて塔に入ります。

この塔ができたのは1809年の事。

オスマン帝国時代のセルビア人が独立のため「チェガルの戦い」が起きました。

しかしセルビア人が敗北。

オスマン側は独立派に対する見せしめとして、

セルビア人兵士の頭蓋骨を使い、

952個もの頭蓋骨を埋め込んだ塔を建設したという。。。

そんな塔も、

後に反乱のシンボルとなり、

逆に敵に壊されそうになっても、

守るようになったそうです。

今は58個の頭蓋骨しか残っていないので、

無い場所は穴があいているだけになっていますが、

952個もの頭蓋骨があった時を想像すると、

恐ろしい光景。。。

  • ヴォジュドカラジェルジェ通りバス停1、3、10番の市内バス
  • 9時〜19時まで
  • 月曜日 休み
  • 大人 200ディナール

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事