セルビア内戦跡地

ユーゴスラビア紛争はご存知でしょうか。

ユーゴスラビア連邦解体の過程で起こった内戦ですが、

1991年から2001年まで紛争が続きました。

セルビアはコソボの独立を2019年時点でも認めておりません。。。

政治的、民族的対立は一部地域で現在も続いているという現実です。

セルビアのベオグラードではその紛争の跡がいまだに見る事ができます。

NATOの空爆の跡地が残っているのです。

 

その姿は悲惨でなまなましく、銃弾の跡も確認できるほどです。

取り壊した方がいいという意見もあるかと思いますが、

この存在が戦争の悲劇を忘れないようになるんだと思います。

日本人なら誰もが知っていると思う原爆ドームもそう。

当時は賛否両論あったかとおもいますが世界遺産にもなり、

2度と戦争がおこらないように世界に訴えていると思います。

今も世界のどこかで戦争が起こっています。

世界が平和で穏やかに過ごせますように。

場所は赤で囲んだあたりです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事